駆け抜けた名列車

特別準急「朝霧」 - 半世紀の歴史を持つ小田急直通優等列車

この列車の画像
御殿場線御殿場駅に到着した小田急電鉄キハ5100形5101号による特別準急「朝霧」。単行または2・3連で運用された。1960年 写真=小川峯生

1955(昭和30)年、小田急電鉄(以下、小田急)と国鉄御殿場線を直通する新宿~御殿場間の優等列車「銀嶺」と「芙蓉」、各1往復が運転を開始した。そして59(昭和34)年にもう2往復が増発された際、「長尾」とともに、富士山麓の朝霧高原にちなむ「朝霧」が設定された。これら4往復は、いずれも小田急の気動車と乗務員を使用、列車種別は小田急線内が特別準急、御殿場線内が準急だった。

68(昭和43)年、御殿場線が電化され、これらの準急も電車化することになり、小田急のロマンスカー3000形(愛称SSE)に置き換えられた。同時に4往復すべての列車名をひらがな表記の「あさぎり」に統一し、その直後に小田急線内は連絡急行、御殿場線内は急行と、列車種別を変更している。スマートな3000形の登場は、それまで蒸気機関車や気動車が走っていた御殿場線からは想像できない画期的なことだった。

3000形の活躍は長く続いたが、やがて車両が老朽化し、91(平成3)年に新型車に置き換えられる。この時投入されたのは小田急20000形とJR東海371系で、以後はこの2種の電車を使用。あわせて運転区間を沼津まで延長し、種別も全区間特急に改めている。

また、小田急と御殿場線の直通列車とは別に、59(昭和34)年から80(昭和55)年の間、九州でも準急「あさぎり」(66年に急行格上げ)が運転されていた。このように同名の列車が二つ、国鉄に長期間存在したのは非常に珍しい。

文・松尾彦孝

  • この列車の画像

    御殿場線電化後は小田急電鉄の3000形「SSE」(Short Super Express)による急行「あさぎり」となる。御殿場線山北~谷峨間 1986年12月 写真=RGG

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第17号(御殿場線・武豊線・伊東線)

2009年10月27日(火)発売

第17号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅/クロニクル御殿場線 大幹線からローカル線への数奇な歴史
  • ●追憶の廃線 清水港線、二俣線、岡多線、樽見線
  • ●駆け抜けた名列車 特別準急「朝霧」、急行「伊豆」
  • ●往年の車両たち 9850形蒸気機関車、D52形蒸気機関車ほか
  • ●今を走る車両 371系電車、小田急20000形電車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/占領下の鉄道
    • あの日の小景/給水塔
    • 評伝・鉄道の人/石田禮助

この列車の関連カテゴリ

鉄道コムおすすめ情報

画像

「懐かしの鉄道写真展」開幕

朝日新聞東京本社で「懐かしの鉄道写真展」が開催。開催期間は9月14日~27日。10月には大阪本社でも。

画像

七尾線に521系

2020年秋ごろより、七尾線に521系を導入。翌年からはICOCAサービスの導入も。

画像

上信150形引退

9月23日に上信電鉄150形のクモハ153・154号が営業運転を終了。同社最後の150形が引退へ。

画像

「エアポート」に特別快速

2020年春に快速「エアポート」が毎時1本増発へ。うち朝夕の計4本は特別快速として運転。

画像

秋田内陸線に新たな観光列車

秋田内陸縦貫鉄道が新しい観光列車を2020年2月に導入。導入にあたり、名称の公募も。

画像

旧型客車をリニューアル

2020年4月、高崎エリアを走るSL列車の旧型客車がリニューアル。現行の内装での運行は10月28日まで。

画像

9月の鉄道イベント一覧

季節は秋へ。9月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

御殿場線・伊東線の駆け抜けた名列車

関連コンテンツ