駆け抜けた名列車

「カートレイン」 - マイカーと一緒に乗る画期的な夜行列車

この列車の画像
新宿~新大久保間を行くEF65形1101号機牽引の「カートレイン北海道」。客車には24系の2段B寝台車25形が使用された。1988年8月 写真=松本正敏(RGG)

1985(昭和60)年7月、国鉄の全く新しいコンセプトの夜行列車「カートレイン」が汐留~東小倉間で運転を開始した。これは、乗客とマイカーを積載するというカーフェリー感覚の列車で、編成には20系客車の開放A寝台ナロネ21形と自動車積載用の有蓋貨車ワキ10000形を使用。自動車は専用パレットを使用し、フォークリフトでワキ10000形1両に3台積み込む。料金設定は、自動車1台+運転者1人(運賃+特急A寝台料金)を基本に、同乗者がある場合は人数分の追加額を加算する方式。切符購入時には自動車の車検証を提示する。

「カートレイン」は春季、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始に運転され、86(昭和61)年には東京側の発着駅が恵比寿に変更、山手貨物線から大崎駅構内扱いの旧・蛇窪信号場を経て東海道本線へ入るルートとなった。そして、翌年には恵比寿~広島間の利用も可能となる。

一方、青函トンネルが開通したことから、88(昭和63)年からは恵比寿~白石(函館本線)間に「カートレイン北海道」も設定された。こちらは夏季のみの運転で、24系25形客車とワキ10000形を使用し、恵比寿~田端間は山手貨物線を走行した。また、これと区別するため、従来あった東小倉までの列車は「カートレイン九州」と改称されている。

90(平成2)年末以降は、両列車とも浜松町発着となったため、「カートレイン九州」は山手貨物線を走らなくなり、「カートレイン北海道」は山手貨物線品川~田端間を走破するようになった。また、「カートレイン九州」の客車は、94(平成6)年に14系14形に改められている。こうして人気も定着したかに見えたが、ワキ10000形のスペースの関係で積載できる車種が限られたうえ、利用者の夜行列車離れなどの逆風もあり、徐々に利用率が低下していく。そして、「カートレイン九州」は96(平成8)年、「カートレイン北海道」は97(平成9)年をもって運転を終了した。

文・松尾彦孝

  • この列車の画像

    「カートレイン」では、パレットに載せた車両をフォークリフトを使ってパレット有蓋貨車に積み込む車載方法が採られた。恵比寿駅 1988年 写真=松尾彦孝

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第16号(山手線)

2009年10月20日(火)発売

第16号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ● 懐かしい鉄道風景探しの旅 躍動する大東京のターミナルをつなぐウグイス色の循環線
  • ● クロニクル山手線 新宿、渋谷など副都心線を育んだ歴史
  • ● 駆け抜けた名列車「カートレイン」
  • ● 往年の車両たち 103系電車、クモハ11形電車ほか
  • ● 今を走る車両 205系電車、E231系電車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/大都市ターミナル駅
    • あの日の小景/交通博物館
    • 評伝・鉄道の人/フランツ・バルツァー

この列車の関連カテゴリ

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いJR車両に一票を

E6系新幹線電車、キハ100系気動車、227系電車、683系電車、87系気動車、E721系電車、M250系電車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急が開業120周年

京急が開業120周年を迎え、式典を開催。「兄弟」の社長も駆けつけました。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春の臨時列車リリースが発表されました。一覧はこちら……

画像

明大前駅のこの遺構は?

かつて東京で構想されていた「第2の山手線」。その路線計画をたどります。

画像

ヨコハマ鉄道模型フェスタ

2月2日・3日、横浜ランドマークプラザにて、「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2019」が開催。

画像

1月の鉄道イベント一覧

1月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

山手線の駆け抜けた名列車

  • 「カートレイン」

関連コンテンツ