駆け抜けた名列車

急行「かいもん」 - 気動車、客車、電車による栄枯盛衰の急行

この列車の画像
電化工事中の東市来~伊集院間を行く急行「かいもん」。夜行1往復以外は主にキハ58系気動車により運転された。1969年頃 写真=鈴木一朗

1959(昭和34)年、鹿児島本線にキハ55系による気動車準急が新設され、薩摩半島にそびえる開聞岳にちなみ、「かいもん」と名付けられた。運転区間は博多~西鹿児島間で、所要時間は5時間15分と、特急「はやぶさ」より速いことから人気を呼んだ。その後、増発や指宿線(現・指宿枕崎線)山川行き車両の連結、博多~宮崎間の「えびの」の併結も行われ、キハ58系気動車も充当される。

66(昭和41)年には急行に格上げされ、以後は本数や区間に変化が生じ、客車や475系電車も加わるが、80(昭和55)年以降は客車夜行1往復のみとなった。この客車列車は、当初10系軽量客車主体だったが、78(昭和53)年には20系寝台車と12系座席車の併結となり、さらに86(昭和61)年からは寝台車が24系25形化される。

しかし、93(平成5)年には夜行特急「ドリームつばめ」と交代し、「かいもん」の歴史に終止符が打たれた。

文・松尾彦孝

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第18号(鹿児島本線・香椎線)

2009年11月2日(月)発売

第18号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅/クロニクル鹿児島本線 九州の大動脈として基幹を担った歴史
  • ●追憶の廃線 鹿児島本線旧線(現・肥薩おれんじ鉄道)、甘木線、勝田線、室木線、矢部線、芦屋線、大蔵線、小倉裏線
  • ●駆け抜けた名列車 特急「はやぶさ」、特急「みずほ」、特急「明星」ほか
  • ●往年の車両たち C59形蒸気機関車、ナハネフ22形客車ほか
  • ●今を走る車両 783系電車、811系電車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/ブルートレイン
    • 評伝・鉄道の人/ヘルマン・ルムシュッテル

この列車の関連カテゴリ

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い短小路線に一票を

上田電鉄別所線、東急多摩川線、西武豊島線、赤羽線、流鉄流山線、江ノ島電鉄線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

豊田線・鶴舞線直通40周年

7月29日~、名鉄豊田線と地下鉄鶴舞線の相互直通運転40周年を記念して、直通列車などに系統板、ステッカーが掲出。

画像

南栗橋発のDL大樹ツアー

7月24日~25日、南栗橋駅発のDL夜行列車が運転。編成はDE10+14系4両。

画像

姪浜駅キロポストの謎

姪浜駅には、実際のキロ数とは異なる表記のキロポストが。その理由とは?

画像

天空が難波駅に入線

8月22日、観光列車「天空」が河内長野~難波間で運転。難波駅にて見学会の開催も。

画像

瀬戸内に新たな観光列車

「瀬戸内マリンビュー」を改造した新たな観光列車が、2020年秋に瀬戸内エリアに登場。

画像

時差Biz特急・ライナー

「時差Biz」にあわせた臨時列車が、東急東横線・田園都市線、東京メトロ各線で運転。東急線ではヘッドマークの掲出も。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鹿児島本線の駆け抜けた名列車

関連コンテンツ