駆け抜けた名列車

準急「岩木」 - 3年で生涯を終えた五能線初の優等列車

この列車の画像
五能線の五所川原付近を行く青森行き準急「岩木」。キハ58系2連にキハ22形を増結している。1968年5月8日 写真=伊藤威信(RGG)

1965(昭和40)年10月、五能線に初の優等列車が登場した。それは鰺ケ沢~青森間の準急で、列車名は沿線の名山に由来した「岩木」。それまで、秋田~鮫(八戸線)間で運転していた同名の準急が、急行「むつ」と統合され、その名称を譲り受けた格好になっている。キハ58系2連というミニ編成でスタートした準急だったが、鰺ケ沢行きの車両は鮫始発で直通し、青森までは急行「むつ」に併結して運転された。

その後、鰺ケ沢行きのみ急行に格上げという変則的パターンを経て、68(昭和43)年10月のダイヤ改定では往復とも急行となり、運転区間も深浦まで延長されるが、列車名は「深浦」に改められる。その後一時期、奥羽本線内で快速「岩木」(後に「いわき」に変更)が運転され、一部が五所川原まで乗り入れた。

文・松尾彦孝

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第15号(五能線・花輪線・大湊線・津軽線・田沢湖線・男鹿線)

2009年10月13日(火)発売

第15号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル五能線 経営悪化から観光で再生への歴史
  • ●駆け抜けた名列車/準急「岩木」ほか
  • ●往年の車両たち/キハ22形気動車ほか
  • ●今を走る車両/キハ48形気動車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/鉱山鉄道と森林鉄道
    • 評伝・鉄道の人/堀内敬三

この列車の関連カテゴリ

鉄道コムお知らせ

画像

20周年貸切列車企画発表!

485系お座敷列車「華」の夜行列車で、東京から大垣へ。ツアーの詳細はこちらから。

鉄道コムおすすめ情報

画像

G20サミット開催の影響は?

大阪で開催されるG20サミット。警備強化のため、さまざまな対策が進められています。

画像

近鉄の新型軌道検測装置

近鉄が新型軌道検測装置を導入。営業列車として運行中に、線路のゆがみなどを検測可能に。

画像

14系夜行列車の旅

クラブツーリズムが、東武鉄道のDE10+14系4両によるDL夜行列車乗車ツアーを7月24日に開催。

画像

はるかに新型車両

関空特急「はるか」に、増結用として新型車両271系を導入。はるか全列車の9両編成化が可能に。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨でもイベント続々!6月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

五能線・花輪線の駆け抜けた名列車

関連コンテンツ