駆け抜けた名列車

列車一覧(掲載順) / 1~15件を表示しています

全131件

  • 準急「丹後」

    準急「丹後」

    • 行き先が多彩な京都府北部への足

    京都府北部、丹後地方への列車として名付けられた「丹後」は、1959(昭和34)年、京都を発着する2往復の準急でスタートした。

  • 特急「まつかぜ」

    特急「まつかぜ」

    • 山陰路を縦断した沿線待望の特急

    1961(昭和36)年10月、山陰本線に初の特急が登場した。それは、京都~松江間を福知山線経由で1往復設定された「まつかぜ」。

  • 急行「だいせん」

    急行「だいせん」

    • 多彩な車種で親しまれた山陰を代表する列車

    山陰を代表する名山、伯耆大山にちなんだ「だいせん」は、まず、1953(昭和28)年に岡山~松江間、伯備線経由の快速として登場。

  • 特急「出雲」

    特急「出雲」

    • 東京と山陰を結ぶ伝統の夜行列車

    1972(昭和47)年3月、山陽新幹線岡山開業に伴うダイヤ改定が実施された。

  • 特急「白鳥」

    特急「白鳥」

    • 流麗なキハ80系で運転開始した北陸路のクイーン

    1961(昭和36)年10月のダイヤ改定では、各地の非電化路線の特急網がキハ80系により一気に拡充された。その時に運転を開始した特急の一つが、大阪~青森、上野間の「白鳥」。

  • 特急「日本海」

    特急「日本海」

    • 60年の歴史を持つ日本海縦貫線のスター

    日本海に沿って走る列車にふさわしいこの列車名は、1950(昭和25)年に大阪?青森間の客車急行に初めて付けられた。

  • 準急「エルム」

    準急「エルム」

    • 北の大地に4度も登場したカタカナ名の列車

    「エルム」とは、北海道の街路樹で知られる「楡」の英語名で、1951(昭和26)年、室蘭~札幌間の客車準急に、この名が付けられた。

  • 特急「北海」

    特急「北海」

    • 「山線」を駆け抜けた孤高の気動車特急

    1967(昭和42)年3月、函館~旭川間を山線経由で走る特急が新設され、それが「北海」と命名された。

  • 急行「ニセコ」

    急行「ニセコ」

    • C62形重連牽引で名を馳せた「山線」の急行

    スキーのメッカ、ニセコアンヌプリに由来する「ニセコ」という列車名は、もともと1962(昭和37)年から函館本線の「山線」(倶知安経由)の気動車準急に付けられたものだった。

  • 急行「妙高」

    急行「妙高」

    • 昼行と夜行が君臨 長野以北直通の代表列車急行

    1958(昭和33)年、長野県境近くにある新潟県の妙高山に由来する「妙高」の名が、信越本線全線を走破する上野~新潟間の夜行客車準急に初めて採用された。

  • 急行「志賀」

    急行「志賀」

    • 碓氷峠を越えた初の気動車急行

    1961(昭和36)年、信越本線初の気動車急行が登場した。上野~長野間を走るその列車の名は、志賀高原にちなんだ「志賀」。

  • 急行「白山」

    急行「白山」

    • 四十余年を走り続けた北陸行き名門列車

    1954(昭和29)年、上野~直江津間で運転していた準急「高原」を、金沢まで延長のうえ格上げし、急行「白山」が登場した。

  • 急行「四国」

    急行「四国」

    • 気動車で運転を開始した四国初の急行列車

    国鉄の動力近代化が進められていた時代、四国には優先的に気動車が投入された。そして1961(昭和36)年4月、キハ55系気動車による、四国初の急行列車が運転を開始する。

  • 準急「せと」

    準急「せと」

    • 瀬戸内海にちなんだ列車名の元祖

    1950(昭和25)年10月、東京~宇野間の急行に接続する時刻設定で、高松桟橋~松山、須崎間の準急が新設された。これは、二つの行き先の編成が多度津で分割・併合する客車列車で、松山行きに「せと」、須崎行きに「南風」という名前が付いた(高知~須崎間は普通列車)。

  • 準急「いよ」

    準急「いよ」

    • 33年も走り続けた愛媛を象徴する名の列車

    1956(昭和31)年、準急「せと」に続く、予讃本線(現・予讃線)で2番目の準急が高松桟橋(後に高松に統合)~宇和島間において不定期で運転を開始、これが「いよ」と名付けられた。



鉄道コムおすすめ情報

画像

好きな私鉄・三セク鉄道は?

京浜急行電鉄、東京メトロ、富山地方鉄道、三岐鉄道、京阪電気鉄道、一畑電車…