鉄道コム

伊豆箱根鉄道 赤電ふでっぱこ・車両キーホルダー 販売

伊豆箱根鉄道は、「ふでっぱこ(大雄山線5501編成/赤電ver.)」「車両キーホルダー」を販売。ふでっぱこは車体デザインの筆箱で、販売額は1,500円。車両キーホルダーは駿豆線の3503編成、2201編成、大雄山線の5501編成、5505編成の4種類で、販売額は各700円。販売開始日は、2022年5月7日(土)。販売箇所は、ふでっぱこが大雄山線有人駅(5駅)、車両キーホルダーの駿豆線デザインが三島駅、伊豆長岡駅、修善寺駅、大雄山線デザインが小田原駅、大雄山駅。通信販売の予定もあり。5日(木・祝)に開催の「行くべーよ いずっぱこ大雄 キッズ&ファミリーフェスティバル」会場にて先行販売を実施。

ふでっぱこ(イメージ)
ふでっぱこ(イメージ)
車両キーホルダー(イメージ)
車両キーホルダー(イメージ)

2022年4月15日(金)16時48分更新

ひとこと投稿

このイベントに関する情報や感想などを、「ひとこと」でみんなに伝えよう!

このイベントのあなたの「ひとこと」

ニックネームを登録すると、「ひとこと」の投稿フォームが表示されます。

みんなの「ひとこと」

このイベントのひとことは、まだありません。

鉄道コムお知らせ

画像

まもなく投票締め切り

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

このイベントをおすすめした人

4人

鉄道コムおすすめ情報

画像

レール幅が3種類の都営地下鉄

浅草線・大江戸線、三田線、新宿線で別々の仕様を採用。なぜレール幅の数が増えてしまった?

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。

ヘルプヘルプ


「おすすめに追加」ボタンは、このイベントのおすすめメンバーに加わるためのホダンです。各イベントのおすすめの登録人数は、ランキング結果に反映され、人気のイベントを知ることができます。

イベントの投稿写真は、イベント開催の3日前より投稿できます。当日の様子など、あなたが撮影されたイベントの写真をどうぞご投稿ください。