秩父鉄道 2019年カレンダー 販売

カレンダー(イメージ)
カレンダー(イメージ)

秩父鉄道は、「2019年秩父鉄道カレンダー」3種類を販売。販売開始日は、2018年10月6日(土)。販売品目(販売額)は、壁掛けタイプの「秩父路カレンダー」(500円)と「秩父路のSLカレンダー」(1,000円)、卓上タイプの「秩父鉄道の車両カレンダー」(500円)。各7枚綴りで、「第15回秩父鉄道写真コンテスト」入賞作品で構成。販売箇所は、「秩父路カレンダー」が秩父鉄道各駅窓口、「秩父路のSLカレンダー」と「秩父鉄道の車両カレンダー」が羽生駅、SL停車駅の各駅窓口。通販サイト「ちちてつe-shop」での販売も実施。SLカレンダーは、SL車内でも販売。売切次第販売終了。

2018年10月1日(月)13時4分更新

このイベントの投稿写真

写真の投稿はまだありません

画像あなたが撮影したこのイベントの写真を募集しています

ひとこと投稿

このイベントに関する情報や感想などを、「ひとこと」でみんなに伝えよう!

このイベントのあなたの「ひとこと」

ニックネームを登録すると、「ひとこと」の投稿フォームが表示されます。

みんなの「ひとこと」

このイベントのひとことは、まだありません。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系ラストラン

東海道新幹線ラストランは3月8日。2月からは2編成に引退記念装飾を実施。

画像

新京成の新型車両80000形

新技術の採用や、新たな価値の創造がコンセプト。デビューは12月27日。

画像

下諏訪駅をリニューアル

下諏訪の街並みや老舗商家をイメージしたデザインに改修。竣工は2020年3月末ごろ。

画像

新駅には新型改札機を導入

高輪ゲートウェイ駅に新型改札機を導入。同駅ではロボットの試行導入も。

画像

みなとみらいにロープウェイ

桜木町駅前から運河パークまでの約650メートル。2020年度末運行開始予定。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

このイベントをおすすめした人

3人

ヘルプヘルプ


「おすすめに追加」ボタンは、このイベントのおすすめメンバーに加わるためのホダンです。各イベントのおすすめの登録人数は、ランキング結果に反映され、人気のイベントを知ることができます。

イベントの投稿写真は、イベント開催の3日前より投稿できます。当日の様子など、あなたが撮影されたイベントの写真をどうぞご投稿ください。