鉄道コム

鉄道コらム

JR西日本が3DフィギュアやトレーディングカードでNFT業界に参入へ

2022年10月10日(祝) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR西日本などは6日、「JR西日本 懐鉄NFTコレクション」を販売すると発表しました。

JR西日本 懐鉄NFTコレクション
JR西日本 懐鉄NFTコレクション

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略。簡単に説明すると、デジタルデータの唯一性や固有性を担保することが可能な仕組みです。これまでのデジタルデータでは、コピーや改ざんが可能なため、あるデータの唯一性が証明しづらく、資産価値を見出すことが困難でした。NFTでは、仮想通貨にも使われるブロックチェーン技術を活用することで、データの唯一性を担保。これにより、デジタルアートやデジタルトレーディングカードに、従来のアート作品やトレーディングカードのような価値を持たせる、といったことが可能となっています。

今回JR西日本グループが販売するのは、「トワイライトエクスプレス」や「やくも」などの32列車をモデルとした「トレーディングカード」「3Dフィギュア」「トレインマーク」。いずれも各列車100個限定で、固有のシリアルナンバーが刻まれます。

販売するNFTは3種類。32列車が登場します
販売するNFTは3種類。32列車が登場します

JR西日本の広報担当者によると、「鉄道業界によるNFT事業への参入は恐らく初めて」ということ。また、これはJR西日本グループのデジタル戦略の一環として参入したとのことですが、そこで販売する商品がトレーディングカードや3Dフィギュアというのは、筆者からすると少し不思議な印象。ですが、新規事業に手を付けた際、観測気球として上げるには、鉄道事業者としては適切な商品設定なのではないでしょうか。

また、極端なことを言ってしまえば、一般的なトレーディングカードは興味がない人から見れば「ただの紙」。ですが、それに価値を見出す人たちからは、時にはとてつもない金額を付けられることもあります。今回のJR西日本グループによるNFTも、将来的にはものすごい価格で取り引きされるようになる……のかもしれません。

今回のNFTは、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」にて、10月14日から11月14日まで、毎日1列車ずつ順次販売を開始。いずれも限定数に達し次第販売終了となります。また、10月8日には、500系の3Dフィギュアを先行販売。こちらは500個限定です。

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。