鉄道コム

鉄道コらム

JR北海道が新たな観光列車?を導入へ 今週一週間の鉄道ニュース

2022年9月18日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

先週の「一週間の鉄道ニュース」でご紹介した、京都鉄道博物館への「マイテ49形」の収蔵。今週に入ると、はやくも同車を活用したイベントが発表され、館内を走る「SLスチーム号」で乗車できるという驚きの企画が発表されました。

そんな続報などで鉄道ファンを沸かせた今週一週間(9月12日~18日)。この週のニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

14日にJR北海道が発表したのが、国や道の助成を受けて導入するH100形電気式気動車。沿線地域のラッピングを施すほか、観光列車での使用も想定し、ボックスシートにはテーブルが設置可能となっています。

導入が発表されたH100形
導入が発表されたH100形

同様の車両といえば、同社が2018年から2019年にかけて改造した、キハ40形の「北海道の恵み」シリーズと「山紫水明」シリーズ。いずれも外観や内装を軽度に改修した車両です。まだまだデビューから日は浅いですが、もともとが老朽化したキハ40形ゆえ、今回のH100形によって置き換えられるのか、という点も注目です。

16日にJR東日本が発表したのが、「オフピーク定期券」の導入。朝ラッシュ時間帯に利用ができない代わりに値段を若干安くするというもので、新聞社などによる同社の深澤社長へのインタビューで導入がたびたび触れられていました。

これまでにも「時差回数券」といったものはありましたが、定期券で時間帯を区切るのはJRでは前例のないこと。とはいえ、会社から定期代を支給されている従業員が多い中、今回の施策がどの程度効果を生み出すのか、今後の経過が気になります。

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください