鉄道コム

鉄道コらム

西九州新幹線のオレンジ色の「トロッコ」の正体は?

2022年9月22日(木) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

9月23日にいよいよ開業する西九州新幹線ですが、それに先立つ11日には、大村車両基地で「かもめ」用N700Sを全4本並べた報道向けの撮影会が開催されました。

4本の「かもめ」が並ぶ横で、筆者が見つけたのが、オレンジ色の小屋のようなものが載った車両。まるで「トロッコ」のようです。開業後に開催されるイベントで来場者を乗せるためのものかと考えましたが、それにしては簡易トイレを載せた車両もあり、イベント用にしてはどうも変な様子です。

なぜかトイレが載っている、謎のトロッコ
なぜかトイレが載っている、謎のトロッコ

JR九州の担当者に話を聞いてみると、これは西九州新幹線の「完成検査」の際に使用したものだということ。たしかに、トロッコには建築物が範囲内に収まっているかを確認するための車両が連結されていたり、これらをけん引する軌陸車「ウニモグ」も確認できました。

左がトロッコをけん引する「ウニモグ」。右には建築物の位置を検査する車両も見えます
左がトロッコをけん引する「ウニモグ」。右には建築物の位置を検査する車両も見えます

完成検査とは、鉄道事業法で定められたもので、鉄道施設の工事を実施した際、線路や電気、信号、土木など、列車を安全に運行することに支障がないか、国土交通省が確認するためのもの。西九州新幹線の場合は、8月17日から26日にかけて検査が実施され、9月8日に完成検査合格書が交付されています。

検査が終了した今、すでにこのトロッコは用途を終えています。ですが、トロッコ自体はレール運搬用の保線車両のようで、今後は新幹線の安全運行を支える裏方として活躍することになりそうです。

なお、西九州新幹線の建設工事を担当した鉄道・運輸機構のYouTubeチャンネルでは、このトロッコから見た映像を含む動画が公開されています。

鉄道コムお知らせ

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博の500系がエヴァに

京都鉄道博物館の500系が、10月28日から「500 TYPE EVA-02」仕様ラッピングで展示。

画像

大阪駅で150年記念フェア

10月14日・15日に大阪ステーションシティで鉄道開業150年の記念イベントが開催

画像

「ラピート」泉北ライナーへ

「ラピート」用の50000系が、特急「泉北ライナー」に投入。11月1日から1日5~6往復運転。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。