鉄道コム

鉄道コらム

JR四国が新型ローカル気動車導入へ、8000系リニューアルも

2022年8月30日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR四国は8月26日、旅客運賃の上限運賃変更認可を国土交通大臣に申請したと発表。2023年春に、同社では実質的に1996年1月以来となる運賃改定が実施されることとなります。

この発表の補足として提示された「主な利用者サービス向上策」では、新型ローカル気動車の開発・導入と、8000系特急電車の大規模リニューアルが盛り込まれました。

JR四国の一般形気動車
JR四国の一般形気動車

新型ローカル気動車は、主にローカル線で運行しているキハ40形などの一般気動車を置き換えるためのもの。2021年3月に発表された同社の中期経営計画にも盛り込まれており、2021年度から約9億円の投資を予定しています。現時点で詳細は不明ですが、ユニバーサルデザインやバリアフリーを考慮し、快適な車内環境の提供や利便性の向上を図るとしています。

8000系については、電子機器などの老朽更新とともに、客室設備を改良。安全安定輸送の確保とともに、バリアフリーへの対応や、座席の更新、コンセントの増設を実施するといいます。8000系は、1992年にデビューした車両で、すでに2004年以降に1回目のリニューアルを実施しています。同時期に登場した特急型車両は、2000系やJR東日本の651系のように運用範囲を狭めつつあるものもありますが、8000系はまだまだ活躍が見られそう。リニューアルは2023年度以降が予定され、約22億円の投資が見込まれています。

特急「しおかぜ」などで活躍する8000系
特急「しおかぜ」などで活躍する8000系

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください