鉄道コム

鉄道コらム

消えた都電7000形の記憶 自販機に残された思い出

2022年9月5日(月) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

都電荒川線7000形。都電最後のツリカケ駆動車として知られ、2017年春に引退しました。現在は7700形への改造、豊橋鉄道への譲渡など、新たな環境で日々を過ごす車両もありますが、ほかにも変わった形で、7000形の思い出が残されているところがあります。

その場所は東京都北区、王子駅前停留所近くのショッピングセンター。この入口にある自動販売機の1台が、7000形を模したものになっています。都電の沿線に残る、同車の数少ない面影のひとつといえるでしょう。

7000形をイメージした自動販売機
7000形をイメージした自動販売機

車両番号は7002、塗装はクリーム色とグリーンとなっており、晩年の標準カラーを最後まで維持した車両をイメージしています。行先表示は「北区の自動販売機前」で、地域にゆかりのある商品が売られているようです。また、近くを走るJR京浜東北線の車両も小さくデザインされており、そちらとも仲よく(?)やっていることがうかがえます。

近年は鉄道車両デザインの自動販売機も増えていますが、鉄道施設から離れた場所への設置は、まだ珍しいものと思われます。地域から愛され、引退後もこのように思い出が残されることは、ファンとしてはとても喜ばしいことではないでしょうか。

ちなみに7000形は、数両が首都圏を中心とした公園などに保存されているほか、トップナンバーの7001号車が荒川車庫に残っています。これが今後、イベントなどで登場するのか、その活用に期待したいところです。

都電7000形最末期のカラーバリエーション。真ん中が自販機のモデルカラーです
都電7000形最末期のカラーバリエーション。真ん中が自販機のモデルカラーです

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください