鉄道コム

鉄道コらム

中古車両、再雇用先を駆ける 中央快速線209系

2022年9月3日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

山手線を貫き、東京から西へ延びるJR中央線。オレンジ色の快速電車には、白いヘッドライトに上半身が太め(拡幅車体)のE233系がおもに使われています。が、時々、黄色いライトで車体が直線的な、少し古そうな見た目の車両に出会いませんか?

見た目が古めかしい?209系1000番台
見た目が古めかしい?209系1000番台

これは209系1000番台と呼ばれる車両で、もともとは常磐線各駅停車と東京メトロ千代田線を走っていました。E233系の2世代前の車両で、中央快速線に転用されたのは2019年のこと。古い車両をわざわざ入れたのは、同線で進められているグリーン車の連結と関係があります。

現在、中央快速線のE233系には、グリーン車2両を連結するための改造が順次行われています。しかし、改造には時間がかかり、全車両の改造が終わるまで、運用に入れない車両が増えることになります。そこで、2018年秋に常磐線を引退した209系を中央快速線に転用し、改造で抜ける車両の穴を埋めることになったのです。人間でいうと、定年退職後の再雇用にあたるでしょう。なお、209系のスケジュールは固定されており、ダイヤが乱れない限り、基本的には同じ時間に走ります。

E233系の改造終了とともに、209系は2度目の引退を迎えると思われます。が、中央線のグリーン車導入は最初の予定から大きく遅れており、2022年8月現在も開始時期はハッキリしていません。はたして、209系の延長雇用は、いつまで続くのでしょうか。

常磐線時代の209系1000番台。当時は車体側面上部にラインカラーがありませんでした
常磐線時代の209系1000番台。当時は車体側面上部にラインカラーがありませんでした

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください