鉄道コム

鉄道コらム

あなたの愛が試される?「VSE」まるごと貸切 今週一週間の鉄道ニュース

2022年7月31日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(7月25日~31日)の鉄道の話題の中から、鉄道コム注目の内容をお届けします。

小田急電鉄は25日、特急ロマンスカーの50000形「VSE」を、1本まるごと貸切利用できるプランの受付を開始しました。

ロマンスカー50000形「VSE」
ロマンスカー50000形「VSE」

VSEは、2022年3月に定期運用を終了した、展望席つきのロマンスカー。2023年秋ごろまではイベント列車で使用されることとなっていますが、今回このVSEを個人でまるごと借りることができる企画が設定されました。行程は新宿発着と新宿発小田原行きの2パターンで、いずれも普段は入線できない車両基地へも訪れます。

気になる価格は、新宿発着が142万円、新宿発小田原行きが96万円。決して気軽に利用できるものではありませんが、結婚式や仲間うちでのパーティーなど、参加者が多い企画であればお手頃になりそう。また、この金額が用意できるのであれば、一人での利用も可能のため、「VSE」への愛が試されているのかもしれません。

もう一つご紹介するのは、29日に東急電鉄が発表した、東横線への「Q SEAT」の導入。2023年度以降の導入が予定されています。「Q SEAT」は、現在は大井町線系統で提供されている有料着席サービス。大井町線では急行用車両の7両編成中1両をロング・クロス転換車両とし、夕夜間の下り列車でサービスを提供しています。

東横線用の「Q SEAT」車両(イメージ)
東横線用の「Q SEAT」車両(イメージ)

ここで少し気になるのが、「Q SEAT」のサービス提供は実質的な減車になるのでは、ということです。というのも、現在は最長で10両編成で運転されている東横線ですが、同線の「Q SEAT」は、一部の10両編成に対し、4・5号車に連結するため。現在10両編成の車両の2両を「Q SEAT」へ置き換えると、一般利用者が乗車できる車両は2両分減ってしまうこととなります。

とはいえ、たとえば8両編成の車両への増結であれば、事実上の減車とはなりません。どのような方策が採られるのかは不明ですが、東横線での詳細なサービスについては、今後改めて発表される予定です。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。