鉄道コム

鉄道コらム

特急「はるか」に存在する謎のスペースとは?

2022年8月13日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR西日本が関西国際空港へのアクセス列車として運行している特急「はるか」。この列車に使われる281系では、関西空港方の先頭車に、客室ではない謎のスペースがあります。これは一体何なのでしょうか?

特急「はるか」用の281系。運転席の後ろに、謎のスペースが設置されています
特急「はるか」用の281系。運転席の後ろに、謎のスペースが設置されています

大きなJRのロゴが描かれたこのスペースは、かつて荷物室として使われていたもの。JR西日本ではかつて、京都駅構内の「京都シティエアターミナル(京都CAT)」でのチェックイン時に預かった航空機搭乗者の預け入れ手荷物を、「はるか」で輸送するサービスを提供していたのです。

国際線の利用時には手荷物が大きくなりがちで、これを空港まで持っていくのは手間がかかります。その不便を解消するのが、空港ではなく街中でチェックインや荷物の預け入れができる「インタウンチェックイン」。かつては京都CATのほか、東京・箱崎の「東京シティエアターミナル(T-CAT)」、大阪・難波の「大阪シティエアターミナル(OCAT)」などが設けられ、各CATから空港まで手ぶらで移動することができました。

281系の荷物スペースは、ここで預かった荷物を輸送するためのスペース。T-CATではリムジンバスの床下に積載していましたが、京都CATでは列車に積み込む形となっていました。他にも、OCATでは難波駅(JR難波駅)始発の関空快速や南海の特急「ラピート」に積載しており、223系や南海50000系にも荷物スペースが設けられました。

281系の荷物スペース
281系の荷物スペース

しかしながら、2001年に米国で発生した同時多発テロによるセキュリティ強化などを理由に、これらのサービスは相次いで終了。223系の荷物スペースは一般客室となりましたが、「はるか」と「ラピート」の荷物スペースは、今もそのまま残された形となっています。

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください