鉄道コム

鉄道コらム

電車の中の広報部隊 そうにゃん吊り革を探せ!

2022年9月7日(水) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

車内で立つ人々の体を支えるための持ち手として設置されている、吊り革。円形や三角形のものが主流ですが、相鉄線の電車を観察してみると、一部の吊り革に耳がついているではありませんか……?

吊り革に耳が……!?(右から2つめの吊り革)
吊り革に耳が……!?(右から2つめの吊り革)

これは、相鉄線のイメージキャラクター兼広報担当である新種のネコ「そうにゃん」をかたどったもの。2017年、相鉄グループの創立100周年を記念して、同年4月以降に順次導入されました。もちろん、単なる飾りではなく、周辺にある他の吊り革と同じように使うことができます。強度試験もちゃんとクリアしており、ゆる~い見た目に似合わぬ(?)強さを併せ持つ本格派なのだそうです。

チャームポイントは、ベルトの部分。よく見ると、「『そうにゃん』の文字が入ったもの」、「そうにゃんの尻尾をイメージした縞模様」の2種類があるという、芸の細かさを感じられます。また、過去にそうにゃんの部分がゴールドになったものが登場し、関連のグッズが販売されたこともあるようです。

相鉄線では、ラッピング電車「そうにゃんトレイン」が走っていますが、そうにゃんの吊り革はそれ以外の車両でも見ることができます。ただし、基本的にブルーとオレンジのラインが入った「コーポレートカラー」の車両にのみ設置されており、20000系などネイビーブルーの車両では見られないようです。

コーポレートカラーの車両の一例(10000系未更新車)
コーポレートカラーの車両の一例(10000系未更新車)

そうにゃんの吊り革の設置場所はランダム。さて、あなたは、「アタリ」を見つけることができるかな?

【9月8日追記:一部表記を修正しました】

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください