鉄道コム

鉄道コらム

上越新幹線の時速275キロ運転、実は約30年ぶりの「復活」だった

2022年6月11日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2023年春に時速275キロ運転を開始する上越新幹線
2023年春に時速275キロ運転を開始する上越新幹線

JR東日本は7日、2023年春にも、上越新幹線の最高速度を引き上げ、時速275キロでの運転を開始すると発表しました。現行の時速240キロから引き上げることで、東京~新潟間は最大7分程度の所要時間短縮が見込まれているということです。しかし、実は1990年代にも、上越新幹線では時速275キロでの運転が実施されていたのです。

かつて時速275キロ運転が実施されていたのは、1990年から1999年までのこと。トンネルの多い上毛高原~浦佐間の約35キロで実施されており、下り列車のみが対象となっていました。なぜ下り列車だけなのか、といえば、トンネル内の下り勾配を利用して加速していたため。加えて、この速度で走るためには越後湯沢駅を通過せざるを得ず、設定本数は限られていました。

充当車両は0系タイプの200系でしたが、特別に改造を受けた12両編成4本を充当。高速域での性能を向上したり、対象区間で信号を読み替える変更が施されていました。

1990年11月の時刻表によれば、当時の「あさひ(現在の「とき」)」1号は、上野~新潟間を1時間36分で走破。途中の停車駅は長岡のみで、同駅で速達タイプの在来線特急「かがやき」と接続。北陸方面への最速達ルートを構成していました。

東海道新幹線の「のぞみ」よりも早く時速270キロ台での運転を実現した上越新幹線ですが、10年弱でこの高速運転は終了してしまいました。1998年に200系よりも加減速性能が優れるE2系が投入されたこと(後に一時撤退)が理由と言われています。また、1997年に北越急行ほくほく線が開業したことで、越後湯沢駅が在来線特急「はくたか」との乗換駅となり、同駅の重要度が向上したことも無視できないと思われます。

2023年春に復活する時速275キロ運転ですが、今度は車両が自力で加速する正攻法での実現。この速度向上で、東京~新潟間は最速で1時間30分ほどで結ばれることとなります。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。