鉄道コム

鉄道コらム

列車遅延でクーポン配布? 今週一週間の鉄道ニュース

2022年6月5日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(5月30日~6月5日)のニュースから、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

今週話題となったのは、JR東日本がスマートフォンアプリを用いて実施する実証実験。対象路線の利用時に列車が5分以上遅延していた場合、あるいは対象路線を22時から24時までの間に利用した場合に、「NewDays」「NewDays KIOSK」「ベックスコーヒーショップ」「STATION WORK」のクーポンを配布するというものです。

実証実験の対象路線は、山手線、京浜東北線、根岸線。実施期間は6月1日から7月31日までです。実証実験の参加にはスマートフォンアプリのインストールが必要で、ダウンロードが一定数に達した場合、配信を終了するということです。

対象路線の山手線
対象路線の山手線

今回は実証実験ですが、列車の運行状況に応じてサービスを提供するというのは、新しい取り組みです。また、今回の実証実験で協業相手となっているスイスの企業「Axon Vibe」は、MaaSのようなマルチモーダルモビリティプラットフォームを提供する企業。JR東日本のほか、ドイツ鉄道やニューヨーク都市圏交通公社(MTA New York)も同社と協業してきました。今回の実証実験の結果を受けて、JR東日本が今後どのようなサービス提供を検討するのか、注目されます。

もう一つご紹介するのは、ジェイアール東海商事が販売する東海道新幹線グッズ。なんと、N700系のリサイクル品で作られたネクタイピンが登場しました。「N700S」「N700系 TypeA」の2種類で、価格は6820円。1日からオンラインショップにて販売されています。

東海道新幹線再生アルミ タイバー
東海道新幹線再生アルミ タイバー

アルミ製の鉄道車両は、以前より積極的にリサイクルして活用されており、JR東海でも、N700Sの荷物棚、駅のビジネスブースなどに、700系のリサイクル部材を採用したことをアピールしてきました。今回のネクタイピンでも、この「東海道新幹線再生アルミ」を採用。かつて東海道・山陽新幹線を駆け抜けた車両の部材を手元に残せる、ファンにはたまらないグッズです。

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。