鉄道コム

鉄道コらム

長き伝統と衰えぬ人気 ツートンカラーの始祖「湘南色」

2022年6月18日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

鉄道車両には、路線区分や個性の強調などを目的に、様々な色が施されています。なかには長い歴史をもつものもありますが、とくに人気が高いものに「湘南色」が挙げられます。

「湘南色」をまとう113系電車(関西地区で撮影)
「湘南色」をまとう113系電車(関西地区で撮影)

湘南色は1950年、東海道線の東京~熱海間などを走る80系電車に施されたのがはじまりです。当時、国鉄の電車は茶色一色が多く、オレンジと緑という明るめの配色は話題を集めたのだとか。その走ったエリアから「湘南色」、「湘南電車」などと呼ばれ、東海道線首都圏エリアのシンボルに君臨。別の路線や地域にも波及しました。ちなみに、この色の組み合わせは、アメリカのグレート・ノーザン鉄道の配色、東海道線沿線のミカン畑を参考にしたなどの説があります。

1985年投入のステンレス車両211系にも、伝統の湘南色は車体帯として残り、長年の文化がすたれることはありませんでした。そして、現在も走るE231系やE233系にも受け継がれてはいますが、同形式では緑色の部分が明るめに変更されており、国鉄世代の車両とは少し印象が異なります。伝統の中にも時代の変化が見られるひとつの例です。

昔の湘南電車とは少し違う現在の色合いに、物足りなさを感じる方もいるでしょう。そんな声に応えたのか、品川駅構内の郵便ポストや藤沢駅の売店は、かつての湘南電車を模したものとなっています。この色が多くの人に親しまれていた証といえるでしょう。往年の思い出は、いまもまだ、そこにあるのです。

湘南色の80系電車をモチーフにした藤沢駅売店「NewDays 藤沢5号」
湘南色の80系電車をモチーフにした藤沢駅売店「NewDays 藤沢5号」

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。