鉄道コム

鉄道コらム

消えゆく安全の守り神 ホーム端の白い線に思う

2022年5月3日(祝) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

ホームで列車を待っていると、「黄色い線の内側へお下がりください」というアナウンスがよく聞かれます。「黄色い線」の部分が「黄色い点字ブロック、点字タイル、点状ブロック」などのケースもありますが、基本的には点字ブロックの内側へ下がることを促しています。ですが、1990年代以前に生まれた方は、「白線の内側へお下がりください」も聞きなじみがあるのではないでしょうか。

足元の白線が残るホーム(点字ブロックと車両の間の白い点線)
足元の白線が残るホーム(点字ブロックと車両の間の白い点線)

かつて、ホームには安全確保の目安として白い線が引かれていましたが、黄色い点字ブロックはありませんでした。しかし、1990年代から点字ブロックを併設する駅が増加。さらに2000年には、「交通バリアフリー法」により、新設するホームへの設置義務、既存の駅にも追加する努力目標の2点が課されました。点字ブロックの設置場所は、端から80センチ~1メートルほどの地点。もともと書かれていた白線と似たところだったためか、こちらを下がるときの目安にすることが増えていったのです。実際、JR東日本では、1990年代中頃の時点で「黄色い線の内側へ」というアナウンスが使われていました。

さらに、現在はホームドアなども増え、白線の役目はほとんど失われてしまいました。改良工事などを機に撤去される駅も多くなっています。これからさらに姿を減らすであろう、ホーム端の白い線。かつて人々を守っていた安全の守り神を見られる日々も、長くないのかもしれません。

白線がなくなったホーム
白線がなくなったホーム

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。