鉄道コム

鉄道コらム

これで君も鉄道はかせ!

線路になぜ水やりを? レールを濡らして走るわけ【これで君も鉄道はかせ!】

2022年5月4日(祝) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

大きくカーブしている線路を見ると、スプリンクラーで水をまいているシーンを見ることがあります。これは、線路際で植物を育てているため……ではありません。では、なぜ水をまいているのでしょうか。

スプリンクラーで水をまいている急カーブ
スプリンクラーで水をまいている急カーブ

その目的は、レールのすり減りと、騒音の防止。急なカーブでは、まっすぐ走ろうとする車輪の動きがレールに伝わり、とくに外側のレールに強い力が加わります。こうなると、車輪との摩擦(モノがこすれ合う力)が強く働き、レールがすり減るとともに、ガリガリと大きな音も出ます。これらは油を塗れば防げますが、鉄道の場合、油を踏むことで車輪が滑り、ブレーキがききづらくなるという危険があります。そこで、代わりに水を使い、「レールがすり減ること」、「大きな音が出ること」、「車輪が滑ること」が、なるべくないようにしているのです。

ちなみに、箱根登山鉄道には、水が必要な急カーブが多いのですが、線路にスプリンクラーはありません。ですが、車両に水タンクがあり、カーブを通るときにそこから水をまくようにしています。車両にスプリンクラーの機能を持たせているというわけですね。ひとつのタンクに、360リットルの水が入るのだとか。

箱根湯本駅にて給水中のひとコマ
箱根湯本駅にて給水中のひとコマ

ところで、箱根登山鉄道の開業は1919年ですが、最初は線路に水をまく装置はなかったそうです。このため、カーブ外側のレールがすぐにすり減ってしまい、しょっちゅうレールを交換していたという話が残っています。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。