鉄道コム

鉄道コらム

迫る国鉄型の世代交代 201系、新大阪から2度目の引退

2022年1月29日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

新幹線が発着し、人々が絶えず行きかう大阪のターミナル、JR新大阪駅。ここにやってくる列車の多くは近代的なJR世代の車両ですが、その陰でひっそりと、伝統的な国鉄世代の車両が出入りしています。

新大阪駅に停車中の201系。東海道・山陽本線からの撤退以来、久しぶりに同駅への乗り入れが復活しました
新大阪駅に停車中の201系。東海道・山陽本線からの撤退以来、久しぶりに同駅への乗り入れが復活しました

それが、おおさか東線を走る201系。同線と関西本線(大和路線)の普通電車を中心に運転されており、車両の世代交代が進むなか、いまも現役を続ける数少ない国鉄型車両です。

この201系、もともと東海道・山陽本線(JR京都線・JR神戸線)の普通電車用に導入されたものです。当時はスカイブルーの車体色をまとい、新大阪駅に毎日出入りしていました。その後、新型車両に置き換えられて大阪環状線や関西本線に転属。2008年にはおおさか東線(久宝寺~放出間)での運転も始まりました。そして2019年、同線の久宝寺~新大阪間が全通しましたが、このとき使用車両が変わることはありませんでした。かくして201系は、車体色と走る路線こそ変わったものの、十数年ぶりに新大阪駅へと戻ってきたのです。

しかし、ターミナル駅との再会の日々は、長く続きませんでした。JR西日本では現在、221系の配置転換を進めており、2022年3月のダイヤ改正を機に、おおさか東線の普通電車をすべて同車に変更すると発表しました。関西本線にはまだ残るものの、おおさか東線からは完全に撤退となる201系。これとともに、新大阪駅から2度目の引退を迎えることになります。

おおさか東線を走る201系。国鉄世代の車両がJR化後の路線で主力を張るという珍しい光景が見られましたが、それもまもなく過去のものに……
おおさか東線を走る201系。国鉄世代の車両がJR化後の路線で主力を張るという珍しい光景が見られましたが、それもまもなく過去のものに……

鉄道コムおすすめ情報

画像

E653系「とき」運転

E653系国鉄色編成により在来線特急「とき」が復活。11月3日、6日に、上野~新潟間で運転。

画像

737系2023年春デビュー

JR北海道が新型通勤形車両「737系」を導入。苫小牧~室蘭間で2023年春デビュー。

画像

叡電712号車リニューアル

700系4両目のリニューアル車。9月には更新工事作業の見学ツアー開催も。

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。