鉄道コム

鉄道コらム

バスしか発着しないのに「駅」? かつては鉄道線と同じ立ち位置だった国鉄バス路線

2022年1月8日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2021年12月25日、徳島県と高知県を走る阿佐海岸鉄道阿佐東線で、「DMV(デュアル・モード・ビークル)」の営業運転が始まりました。DMVは、レールの上も走行できるバス車両。阿佐東線の海部駅と宍喰駅では、一般的な鉄道の駅のように、DMVがホームを発着する、ユニークな光景が見られます。

ところで、DMV以外の一般的なバス路線にも「駅」が存在することはご存じでしょうか。もちろん、「〇〇駅」といった駅前のバス停や、道の駅最寄りのバス停ではありません。「自動車駅」と呼ばれるバス停です。

(元)自動車駅の一つ、江戸崎駅
(元)自動車駅の一つ、江戸崎駅

現在のJRバス各社の前身となった国鉄バスは、鉄道線のいわば補助といった立ち位置で、鉄道車両の代わりにバスを走らせているイメージでした。そのため、鉄道とバスを通しで乗車できる乗車券も発売されていました。鉄道車両とバスの関係と同様に、鉄道駅のようにきっぷを発売する窓口を設けたバス停が、自動車駅となっていたのです。鉄道で例えると、標識のみ設置されているバス停は無人駅、自動車駅は有人駅となります。

のりばを「番線」として案内している例(安房白浜駅)
のりばを「番線」として案内している例(安房白浜駅)

国鉄分割民営化以降の取扱の変化や、業務の合理化といった理由により、駅の役割を担うバス停は数を減らしています。一部の駅では窓口業務を継続していますが、窓口を廃止した箇所や、駅舎そのものが解体された場所もあり、かつて駅だった時代を伝えるものがない場所も少なくありません。

一方、JRバス関東などが乗り入れる草津温泉バスターミナルは、現在もみどりの窓口を設置しています。バス路線と鉄道線が同じ券面に表示される乗車券こそ購入できませんが、かつての自動車駅と同様に、現在でも「駅」としての役割を担う貴重な場所です。

また、東日本大震災での被災後にBRT(バス・ラピッド・トランジット)として復旧された気仙沼線と大船渡線では、鉄道線の代替として整備された経緯から、一般道上に設置された標識のみのバス停も「駅」と称しています。大船渡線BRTの陸前高田駅では、BRTのみの発着となった現在でもみどりの窓口が設置されており、かつての自動車駅の再来ともいえます。

関連鉄道リポート

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。