鉄道コム

鉄道コらム

かつての駅名が復活?へ 今週の注目鉄道ニュース

2021年12月26日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

いよいよクリスマスも終わり、年の瀬も迫ったこの時期。今週(12月20日~26日)1週間、鉄道コムで特に注目を集めた話題をご紹介します。

京浜急行電鉄は24日、新1000形新造車両(1890番台)の愛称を「Le Ciel(ル・シエル)」に決定したと発表しました。

愛称が「Le Ciel」に決定した1890番台
愛称が「Le Ciel」に決定した1890番台

新1000形1890番台は、ロングシートとクロスシートの切り替えが可能な車両。クロスシートで「モーニング・ウィング号」などの座席指定列車や貸切列車に、ロングシートで一般列車にと、さまざまな座席モードによる多機能な運用を実現しています。

今回発表された愛称は、2021年6月から7月にかけて一般募集していたもの。総数約3000件の中から5作品が入選となり、この中の最優秀賞が採用されました。

決定した愛称「Le Ciel(ル・シエル)」は、フランス語で「空」という意味。また、伝統の海水浴特急「ラ・メール号」をオマージュしたほか、頭文字がロングシートとクロスシートを表す「L」「C」となること、日本語では4文字となり発音しやすいこと、高級感のある響きなどが評価されました。

SNSでは、この愛称がロックバンドの「L'Arc~en~Ciel」を連想させるといった意見も。現在は「三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」とのコラボ企画を実施している京急ですが、今後はL'Arc~en~Cielとのコラボも生まれるのか、注目です。

同じ名称絡みのニュースとして、24日には福井鉄道が越前武生駅の新駅名を「たけふ新」駅にすると発表しました。北陸新幹線に設置される新駅の名称が、現在の駅名と同じ読みの「越前たけふ」となることを受けて変更するもので、2023年春に改称する予定です。

新駅名の名称は、2010年以前の同駅の駅名「武生新」駅と同じ読みに。約13年ぶりに、かつての駅名が事実上復活することとなります。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。