鉄道コム

鉄道コらム

またまたリース車登場!北総鉄道のニューフェイス、7838編成

2021年12月26日(日) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

自社発注の編成と、親会社である京成電鉄からリースされた編成の2種類がある、北総鉄道の7300形。2021年12月、リースによって、新たな仲間が加わりました。

北総鉄道7838編成。京成3768編成をリースし、2021年12月に運転を開始しました
北総鉄道7838編成。京成3768編成をリースし、2021年12月に運転を開始しました

それが、7838編成。京成3700形の3768編成を北総線仕様にしたもので、車両番号やラインカラーの変更、「HOKSO」ロゴの追加などを施し、運用に就いています。一方、近年北総鉄道の車両で行われているライト類の変更はされておらず、ほかの7300形と正面の印象が少し異なります。

新編成登場のきっかけは、2020年6月に発生した、京成線青砥駅での脱線事故です。事故を起こしたのは、京成からのリースを受けた北総鉄道の7818編成。調査の結果、一部の台車に亀裂が入っていることがわかりました。事故のあと、同編成は1年以上運用を外されたのち、リース元の京成に戻りました。車両番号を京成時代の3748編成に復元し、脱線した車両を含む2両を抜いた6両編成に組み替え、2021年12月、運用に復帰しています。今回、7838編成が仕立てられたのは、7818編成が抜けたことによる車両不足を補うためと思われます。

北総時代の7818編成。現在は京成に返却され、元番号の3748編成に復帰しました
北総時代の7818編成。現在は京成に返却され、元番号の3748編成に復帰しました

7838編成が入り、在籍車両が事故前の数に戻った北総鉄道。同社では現在、新型の「SR無線」の設置工事による予備車確保のため、工事開始前よりも編成数に余裕を持たせています。7838編成は工事が終わると京成に戻るのか、その後も北総に残るのか、今後の動きに目が離せません。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。