鉄道コム

鉄道コらム

忠犬ハチ公の縁でお引越し 渋谷駅前のマスコット電車

2022年1月3日(月) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

今日も多くの人々が行きかう、渋谷駅ハチ公口前のスクランブル交差点。少し前まで、この近くに電車が鎮座していたのをご存知でしょうか。

ハチ公口に鎮座する東急5000系「アオガエル」。すっかり渋谷の街並みに溶け込んでいた
ハチ公口に鎮座する東急5000系「アオガエル」。すっかり渋谷の街並みに溶け込んでいた

その車両は、東急電鉄初代5000系。1954年から製造され、当時の最新技術を多く採用したことで話題を集めました。車体のスタイルと色から、ついたあだ名は「アオガエル」。東急線からの引退後、多くが地方私鉄に売却され、第二の人生を歩むことになります。

1993年、長野県の上田電鉄で現役を引退した5001号車が、東急に里帰りのうえ保存されることになりました。最初は東急の車庫や車両メーカーで保存されていましたが、2006年に車体の短縮と床下機器の撤去を実施、観光案内所として渋谷駅前に設置されました。ハチ公の銅像とともに渋谷駅のシンボルとなり、ハロウィンの時期の仮装など、時々見せる「コスプレ姿」が、道行く人の目を楽しませていました。

しかし、同駅前の再開発により、5001号車は残念ながら撤去が決まりました。ですが、捨てる神あれば拾う神あり。なんと秋田県大館市の「秋田犬の里」が、施設の休憩所として引き取ることになったのです。これは、銅像になっている犬の「ハチ」が秋田犬で、渋谷区と大館市に縁があったことで実現したもの。移設ののち、2021年5月から一般公開されています。

ハチの縁で、新天地へ旅立ったアオガエル。はるか秋田の地から、いまも渋谷の街を見守っていることでしょう。

5000系アオガエルを眺めるハチ。秋田への引っ越しを前に、彼は何を思ったのだろう
5000系アオガエルを眺めるハチ。秋田への引っ越しを前に、彼は何を思ったのだろう

関連鉄道リポート

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。