鉄道コム

鉄道コらム

新型車両導入にSL列車廃止、今週の注目鉄道ニュース

2021年11月21日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(11月15日~21日)は、鉄道車両や列車の動向に関するニュースが多数発表されました。この1週間で話題となったニュースをご紹介します。

まず1本目は、JR西日本による岡山・備北エリアへの新型車両導入のニュース。岡山エリアでは、瀬戸大橋線向けには213系や223系が導入されてきましたが、山陽本線などの他路線への新車直接投入は、国鉄時代以来となります。車両は「227系近郊形直流電車をベースとした新型車両」ということですが、227系の新区分番台となるのか、はたまた新形式となるのかも注目です。

「新型車両」のベースとなる227系
「新型車両」のベースとなる227系

2本目は、JR東海の新型車両、315系の営業運転開始に関するニュース。在来線一般型車両では22年ぶりとなる新型車両で、2022年3月5日に中央本線名古屋~中津川間で営業運転を開始します。また、2023年度には同区間の特急を除く旅客列車を全て315系に統一することも発表。以前より置き換えが発表されていた211系のほか、まだまだ新しい313系も活躍する中央本線。313系の転用先に関するニュースが待たれます。

3月5日にデビューする315系(画像:JR東海)
3月5日にデビューする315系(画像:JR東海)

3本目は、JR東日本が「SL銀河」の運行終了を決定したニュース。2014年に運行を開始し、SLと気動車が協調運転することでも話題を集めた「SL銀河」。この気動車のキハ141系が老朽化したことで、2023年春の運行終了が決定しました。なお、けん引機のC58形239号機は、2021年に大規模検査を終了したばかり。復活に向けて多額の費用を投入したSLを静態保存とすることも考えづらく、新たな観光列車の運行に向けて検討を進めるともしているため、同機には今後の活躍への期待が高まります。

2023年春に運行を終了する「SL銀河」
2023年春に運行を終了する「SL銀河」

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。