鉄道コム

鉄道コらム

いまを生きる初代京成スカイライナー

2021年11月6日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

1978年に運転を開始した、京成電鉄の代名詞「スカイライナー」。40年以上の歴史のなかで、車両も何度か代がわりしています。が、その初代の車両が、じつはいまも生きていることはご存知でしょうか。

その車両とは、京成3400形です。1993年~1995年に8両編成5本が製造された普通鋼製車両で、2021年現在、同社における最後の「白い電車」です。見た目は3700形の色違いのようですが、その足回りには、1972年に製造された初代「スカイライナー」の車両、AE車の流用品が使用されています。

京成3400形。同社の「白い電車」として唯一の存在となった
京成3400形。同社の「白い電車」として唯一の存在となった

1990年より後継車のAE100形が登場し、AE車は運用を外されることになりました。しかし、その走行機器はまだ使える状態であり、これの再利用が決まります。3700形と似た鋼製車体を用意し、これにAE車の機器を搭載。こうして誕生したのが、3400形です。なお、書類上は「AE車は3400形に改造」となっており、廃車扱いではありません。AE100形は2016年に引退した一方、AE車は3400形に姿を変えて世代交代の波を生き残り、近年に至りました。

しかし、2020年以降、3150形の投入により、玉突きで3400形が順次廃車されています。2021年10月現在では3本が残っていますが、彼らの先行きもそう長くはないでしょう。

2019年に登場した、成田スカイアクセス線向けの最新車両3150形
2019年に登場した、成田スカイアクセス線向けの最新車両3150形

AE車としてのデビューから、来年で50年。通勤車両に転生しながら、半世紀にわたって走り続けたこの車両も、いつまで見ることができるでしょうか。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新型事業用車お披露目

JR東日本の新型事業用車「GV-E197系」「E493系」が報道公開されました。

画像

HC85系の乗り心地は?

7月にデビューするJR東海の「HC85系」に試乗。その車内や乗り心地は?

画像

福井鉄道に新型車両

福井鉄道が、新型車両「FUKURAM Liner」を導入。営業開始は2023年春。

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。