鉄道コム

鉄道コらム

路線の建設完了後、開業前に消滅 ナゾの鉄道事業者とは

2022年1月15日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

近畿日本鉄道のけいはんな線は、近鉄奈良線のバイパス路線。大阪メトロ中央線と直通運転し、大阪市内中心部と、奈良県西部の生駒、そして学研奈良登美ヶ丘を結んでいます。

けいはんな線の生駒駅
けいはんな線の生駒駅

現在は近鉄の路線となっているけいはんな線ですが、かつて東大阪線として建設された長田~生駒間は、建設中は近鉄ではなく「東大阪生駒電鉄」という別の事業者の路線でした。

ナゾの東大阪生駒電鉄の正体は、近鉄の100%出資子会社。東大阪線は、鉄道建設公団が路線を建設して開業前に設備を譲渡し、開業後に事業者が建設費を国へ返済するという「鉄建公団『P線』」方式で建設されました。東大阪生駒電鉄は、この建設業務の効率性向上のために設立された事業者でした。役目を終えた東大阪生駒電鉄は、1986年10月1日の開業を前に、同年4月1日付で近鉄に吸収合併されています。

同様のスキームは、京阪電気鉄道の鴨東線建設でも用いられ、「鴨川電気鉄道」という事業者が存在していました。ただし、同区間はもともと京福電気鉄道が敷設免許を取得していたため、近鉄の場合と異なり、京阪と京福電気鉄道の合同出資という形となっていました。

京阪鴨東線の三条駅
京阪鴨東線の三条駅

余談ですが、けいはんな線の生駒~学研奈良登美ヶ丘間は、これまた別の「奈良生駒高速鉄道」が設備を保有。近鉄や奈良県などが出資する第三セクター事業者である同社が設備を保有し、近鉄に貸し付けて運行する形態となっています。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

画像

好きな「駅そば」に一票を

お気に入りの一杯がある駅を、好きなポイントや思い出のエピソードも添えてご投票ください

鉄道コムおすすめ情報

画像

2030年代半ばに延伸へ

東京メトロが、有楽町線と南北線の延伸事業許可を申請。開業目標は2030年代半ば。

画像

2023年3月に7社局直通開始

「相鉄・東急直通線」開業は2023年3月に。東上線や三田線などとの直通を実施へ。

画像

井の頭線の急行50周年

1000系1本へのヘッドマーク掲出のほか、撮影会や記念乗車券発売などのイベントを実施。

画像

京成・京急などダイヤ改正

京成電鉄や京浜急行電鉄などがダイヤ改正を発表。京成では日中の本線特急が格下げに。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

まだまだ雪のシーズンが続きます。2月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。