鉄道コム

鉄道コらム

走り出すとすぐに次の駅 駅間の平均距離が唯一1キロ未満のJR路線とは?

2021年9月28日(火) 鉄道コムスタッフ 冨田行一

駅と駅の間隔は都市部ほど狭く、ローカル区間では広めなのが日本の鉄道路線。JR各社の路線で見てもその傾向はあてはまりますが、駅間の平均距離が最も短いのは大都市の中を走る線区とは限りません。

JRの路線でその距離が最短なのは、横浜市、川崎市の臨海部を主に結ぶ鶴見線。本線にあたる鶴見~扇町間のほか、2つの支線(浅野~海芝浦間、武蔵白石~大川間)を合わせた距離は9.7キロで、駅数は全線で13あります。これらの駅間の平均を出すと0.81キロとなり、駅が高い密度で設けられた線であることがわかります。JRの旅客用の路線で駅間平均距離が1キロに満たないのはこの鶴見線のみです。

鶴見線海芝浦支線にある新芝浦駅。両隣の駅との距離は1キロありません
鶴見線海芝浦支線にある新芝浦駅。両隣の駅との距離は1キロありません

国土交通省の「鉄道要覧」に基づく路線の定義では、大阪環状線は天王寺~新今宮間(20.7キロ)、山手線は品川~田端間(20.6キロ)になります。この基準で駅間の平均距離を計算すると、大阪環状線は1.15キロ、山手線は1.29キロとなり、どちらも1キロを下回ることはありません。実際の運転形態に合わせて、それぞれ環状区間1周で平均を出した場合は、大阪環状線は21.7キロ、19駅で1.14キロ、山手線は34.5キロ、30駅で1.15キロとなり、鶴見線に次いで2位、3位に。4位以下は、米子~境港間を結ぶ境線(1.19キロ)、広島市内を走る可部線(1.2キロ)、JRゆめ咲線の愛称を持つ桜島線(1.37キロ)、山口県宇部市、山陽小野田市の工場地帯を主に走る小野田線(1.39キロ)と続きます。

山手線は高輪ゲートウェイ駅の開業、可部線は可部~あき亀山間の延伸で、以前と比べて平均距離が短くなりました。駅の新設または廃止で変化する項目の1つとして、今後も駅間の距離に注目していきたいと思います。

山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅。同駅開業で、山手線の駅間平均距離が少し短縮されました
山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅。同駅開業で、山手線の駅間平均距離が少し短縮されました

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

ハイブリッド気動車のしくみ

電車にエンジンと蓄電池を積んだような「ハイブリッド気動車」。そのシステムを解説します。

画像

モノレール浜松町駅工事へ

東京モノレールがモノレール浜松町駅の建て替え工事に本格着手。完成は2029年12月。

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください