鉄道コム

鉄道コらム

航空祭へのアクセスが便利に? 2023年度の開業を予定する新幹線小松駅

2021年9月18日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

航空自衛隊を始めとする全国の自衛隊航空基地では、その多くで年に1度「航空祭」が開催されます。このイベントは、普段入ることのできない基地内に入れるほか、戦闘機やアクロバットチーム「ブルーインパルス」の大迫力な飛行が見られるとあって大人気。例年では多くの観客が詰めかけるイベントで、埼玉県の入間基地で開催される航空祭では、来場者数約30万人を記録した年もありました。

小松基地航空祭で飛行する「ブルーインパルス」
小松基地航空祭で飛行する「ブルーインパルス」

そんな大規模イベントである航空祭では、近隣の鉄道路線が大活躍。たとえば入間基地の航空祭では、西武鉄道が列車の増発や臨時停車といった臨時ダイヤで対応。その他の航空祭でも、臨時ダイヤ編成や最寄り駅の係員増員など、利用客への対応強化の姿勢が見られます。

さて、航空自衛隊の基地で、日本海側で唯一、戦闘機が配備されているのが、石川県の小松基地です。この基地の航空祭は、例年であれば9月ごろに開催。通常の戦闘機の飛行隊に加え、鮮やかなデザインが目を引く仮想敵機部隊が所属し、さらにブルーインパルスも飛行するとあって、全国から観客が集まる一大人気イベントとなっています。

この小松基地の最寄り駅は、北陸本線の小松駅。駅から基地まではシャトルバスが運行されます。小松駅は、大阪・名古屋方面の特急列車が停車するという利便性の高い駅。さらに、2023年度末には北陸新幹線の駅が開業し、東京駅から1本で結ばれることになります。

建設中の北陸新幹線小松駅
建設中の北陸新幹線小松駅

北陸新幹線延伸開業後のダイヤは未定ですが、2021年9月現在のダイヤでは、小松駅に停車するであろう「はくたか」の1番列車は、金沢駅に9時34分着というダイヤ。小松駅には10時前に到着すると思われ、基地内にはスムーズに行けば11時ごろには入場できそう。スケジュール次第ではありますが、昼ごろ~午後に飛行することの多いブルーインパルスの見学には間に合いそうな時刻です。

朝からガッツリ、という方には厳しいダイヤではありますが、飛行を見られればいいや、という方なら日帰りでも行けそうなスケジュール。もちろん帰路ならば最寄り駅から直接東京方面に抜けられます。戦闘機部隊所属基地では唯一、新幹線駅が最寄りとなる小松基地。2024年の航空祭には、利便性が大きく向上しそうです。

鉄道コムおすすめ情報

画像

ハイブリッド気動車のしくみ

電車にエンジンと蓄電池を積んだような「ハイブリッド気動車」。そのシステムを解説します。

画像

モノレール浜松町駅工事へ

東京モノレールがモノレール浜松町駅の建て替え工事に本格着手。完成は2029年12月。

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください