鉄道コム

鉄道コらム

ラッシュ時に活躍した「多扉車」、ついに全滅に

2021年9月6日(月) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

9月4日、京阪電気鉄道の5000系が営業運転を終了しました。

9月4日に営業運転を終えた京阪5000系
9月4日に営業運転を終えた京阪5000系

5000系は、1970年にデビューした車両です。この車両の特徴は、同社の一般車両が1両あたり片側3扉を基本としているところ、ラッシュ時対策として5扉と扉数を増やしたこと。乗降できる場所を増やすことで、ラッシュ時の乗り降りにかかる時間を短縮する狙いでした。

同じように、一般車両よりも扉を増やした「多扉車」は、関西圏では京阪の5000系のみでしたが、関東では、山手線や埼京線などのJR線のほか、東急田園都市線、東京メトロ日比谷線、東武伊勢崎線、京急線などで見ることができました。

関東で見られた6ドア車
関東で見られた6ドア車

しかしながら、多扉車は扉の位置が一般車両と異なるため、ホームドアの対応が困難になります。関東では、混雑率の低下に加え、ホームドアの整備が進んだことにより、2020年3月をもって多扉車が消滅。京阪でも、5000系より古い車両が今も残存しているものの、こういった理由により、5000系の置き換えが優先されました。

同じようなラッシュ時対策としては、通常よりもドア幅を広げた「ワイドドア」があります。こちらは一旦は製造が取り止められた方式ですが、東京メトロ東西線の最新型である15000系が採用しており、ホームドアと開口部の拡大の両立という観点では、こちらが勝った結果となりました。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」に展望車

「SL大樹」用客車に展望車が登場。ぶどう色・青色の2両で、11月にデビュー。

画像

北陸新幹線50%割引

北陸新幹線に50%割引で乗車可能なきっぷが発売。設定期間は11月1日から30日まで。

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

三鷹のこ線橋、撤去へ

三鷹車両センターの上に架かり、あの作家も愛したこ線橋。撤去の方針が決定されました。

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。