鉄道コム

鉄道コらム

発車時刻になるとパタパタパタ……減りつつある「反転フラップ式」の発車標

2021年8月31日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

次の列車の発車時刻や行先を表示する「発車標」。現在はLEDや液晶ディスプレイが主流ですが、かつては「反転フラップ式」というものが広く使われていました。

反転フラップ式の発車標
反転フラップ式の発車標

反転フラップ式の他にも、「パタパタ」や「ソラリー」とも呼ばれるこの方式は、板をめくって表示を切り替えるもの。LED式の発車標が広まる前は反転フラップ式が広く使われていました。

しかしながら、反転フラップ式はLED式と異なり、板に書かれている内容しか表示できません。そのため、ダイヤ改正で新たな列車や行先が設定されると各駅の表示を改修する必要があったほか、ダイヤ乱れ時のみに運行する可能性のある表示でも事前に盛り込んでおく必要がありました。

さらに、スクロール表示ができるLED式などに対し、反転フラップ式は情報量に劣ります。こういった理由によって、反転フラップ式は次第にLED式や液晶ディスプレイへと置き換えられていきました。

現在、反転フラップ式の設置駅は往年に比べ減少しており、大手私鉄では京急、近鉄、阪急、南海の一部駅を残すのみ。地方私鉄でも設置駅はわずかとなっています。

反転フラップ式は海外でも広く使われていました。写真の台湾・台北駅のものは、2019年に撤去されています
反転フラップ式は海外でも広く使われていました。写真の台湾・台北駅のものは、2019年に撤去されています

動作中を見るのが楽しい、普段は使わない表示が見られる、音が独特、などとファンからの人気も高い反転フラップ式。設置駅は減少していますが、リニア・鉄道館では動作状態で展示。さらに京都鉄道博物館では自分で操作できる展示があるなど、博物館において懐かしいこの発車標を体験できます。

鉄道コムおすすめ情報

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

200系カラーのE2系

東北・上越新幹線開業40周年を記念して、E2系が200系カラーに。ツアー列車の運転も。

画像

185系新幹線リレー号

上野~大宮間の「新幹線リレー号」が、7月に団体臨時列車で復活。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。