鉄道コム

鉄道コらム

約143キロの鉄路が消えた 「本線」なのに廃止になった全国唯一の例とは?

2021年8月28日(土) 鉄道コムスタッフ 冨田行一

国鉄などでは、支線を持つ路線は「〇〇本線」と呼称されていました。軸となる路線なので、距離や利用者数も一定の水準にあった訳ですが、そんな本線でも廃止となってしまった例が全国で一例あります。宗谷本線の名寄駅と石北本線の遠軽駅を主に結んでいた名寄本線です。

名寄駅を発車する特急サロベツ。名寄本線はかつて写真右の方向に進んだ後に東へ。オホーツク海をめざし延びていました
名寄駅を発車する特急サロベツ。名寄本線はかつて写真右の方向に進んだ後に東へ。オホーツク海をめざし延びていました

名寄本線の前身である名寄線が全線開通したのは100年前の1921年。当時の名寄線は名寄~中湧別間でしたが、1923年に支線となる渚滑線が開業したことを受け、本線に格上げされました。1932年には、名寄~遠軽間と中湧別~湧別間からなる名寄本線の最終形となる路線(計143キロ)が誕生しました。

名寄本線の終点でもあった遠軽駅。同線が廃止された翌年の8月に訪ねました
名寄本線の終点でもあった遠軽駅。同線が廃止された翌年の8月に訪ねました

時を同じくして石北線(当時)が全線開通し、道央と網走方面を結ぶメインルートは名寄本線から石北線にシフトしました。こうした影響もあり、名寄本線の業績が悪化。同線は、1980年に制定された国鉄再建法に基づく廃止対象路線の一つに挙げられるなどした後、1989年5月に全線廃止となりました。JR北海道の本線ではその後、留萌本線、日高本線が一部区間を廃止していますが、全線が廃止となった本線はこの名寄本線のみ。実質的な路線の廃止例としても全国唯一です。

名称としての「本線」がなくなった例としては、JR四国の予讃本線、土讃本線、高徳本線、徳島本線があります。1988年6月、それぞれ予讃線、土讃線、高徳線、徳島線に改称され、今日に至ります。

JRの本線で営業距離が短いのを順に挙げると、日高本線(30.5キロ)、留萌本線(50.1キロ)、筑豊本線(66.1キロ)となります。日高本線は、2021年4月の鵡川~様似間(116キロ)の鉄道事業廃止を受けて、一気に最短の路線に。JR北海道管内の路線については、こうした支線を持たない本線の名称の議論を含め、今後の動向が気になるところです。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」に展望車

「SL大樹」用客車に展望車が登場。ぶどう色・青色の2両で、11月にデビュー。

画像

北陸新幹線50%割引

北陸新幹線に50%割引で乗車可能なきっぷが発売。設定期間は11月1日から30日まで。

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

三鷹のこ線橋、撤去へ

三鷹車両センターの上に架かり、あの作家も愛したこ線橋。撤去の方針が決定されました。

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。