鉄道コム

鉄道コらム

京急や京成の車両の印象が変わる……かも 屋根上の無線アンテナの話題

2021年8月1日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

京成電鉄や北総鉄道では、車両へのデジタル無線搭載工事を進めています。これによって近い将来、車両の印象が変化するかもしれません。

京成電鉄や北総鉄道、京浜急行電鉄、都営地下鉄浅草線、芝山鉄道では、列車と指令所を結ぶ無線システムに、アナログの「IR無線」(誘導無線)を使用してきました。従来のシステムを更新するために、各社はデジタルの「SR無線」(空間波無線)の導入を進めており、京急では2015年にこれを使用開始。京成と北総鉄道でも2021年4月に使用を開始しています。

京成電鉄などが使用する従来のIR無線は、線路の近くに「誘導線」を設置し、車両の屋根上に設置した大型のアンテナで送受信する仕組みです。新しいSR無線では、携帯電話などと同様、基地局から電波を送受信する方式を使用しており、アンテナが小型のものとなっています。

新しいSRアンテナ(左)と、従来のIRアンテナ(中央・右)
新しいSRアンテナ(左)と、従来のIRアンテナ(中央・右)

2021年7月現在、京成と北総鉄道、都営地下鉄の車両は、デジタル無線設置工事が完了していません。そのため、デジタル無線の使用を開始している各社線では、自社の車両のみデジタルSR無線を使用し、他社局の車両は従来通りのアナログIR無線を使用するという、両者共存の状態。設置工事が完了している京急の車両も、他社局への乗り入れ用として、従来のIRアンテナが残存しています。

SRアンテナの台座のみ設置された7300形(左)、9800形(中央)と、SRアンテナが本設となった9200形(右)
SRアンテナの台座のみ設置された7300形(左)、9800形(中央)と、SRアンテナが本設となった9200形(右)

しかしながら、将来デジタル無線の導入が完了した場合、屋根上の大きなIRアンテナは不要な存在に。外から見ると目立つこのアンテナですが、近い将来、その姿を消すことになるかもしれません。

関連鉄道コらム

鉄道コムおすすめ情報

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

200系カラーのE2系

東北・上越新幹線開業40周年を記念して、E2系が200系カラーに。ツアー列車の運転も。

画像

185系新幹線リレー号

上野~大宮間の「新幹線リレー号」が、7月に団体臨時列車で復活。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。