鉄道コム

鉄道コらム

地方路線にも広がる、先頭車連結部からの転落を防ぐ工夫

2021年8月22日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

鉄道車両の連結部は、人が入れるほどのスペースがある開口部となっています。そのため、この部分をドアであると勘違いした人や視覚障がいのある方などが、ホームから転落してしまう事故が発生する危険性が。これに対して鉄道各社では、近年導入した車両において、これを防ぐための「転落防止幌」を設置しています。

この転落防止幌は、これまでは運転台のない中間部への設置が主で、先頭車どうしの連結部に設置する例はわずかでした。しかしながらJR西日本では、2010年に発生した先頭車どうしの連結部への転落死亡事故をきっかけに、先頭車への転落防止幌設置を推進していきました。

先頭部に転落防止幌を設置した223系
先頭部に転落防止幌を設置した223系

転落防止幌は、221系や223系など、関西圏を中心とした新型車両や既存車両のうち、先頭車どうしを連結する運用がある車両を対象に設置。2015年にデビューした広島エリア用の227系では、この転落防止幌を翼にたとえ、「RedWing」という車両愛称も付けられました。

「RedWing」の愛称を持つ227系の先頭車連結部
「RedWing」の愛称を持つ227系の先頭車連結部

JR西日本では、これまでは先頭部の転落防止幌の設置について、一般の「電車」しか対象としていませんでしたが、今後は非電化路線向け車両へも導入されるかもしれません。2021年に登場した電気式気動車「DEC700」では、同社の非電化路線向け車両としては初めて、先頭部に転落防止幌を設置。今後この車両が量産されると、非電化路線でも連結部の安全対策が進むことになります。

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」に展望車

「SL大樹」用客車に展望車が登場。ぶどう色・青色の2両で、11月にデビュー。

画像

北陸新幹線50%割引

北陸新幹線に50%割引で乗車可能なきっぷが発売。設定期間は11月1日から30日まで。

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

三鷹のこ線橋、撤去へ

三鷹車両センターの上に架かり、あの作家も愛したこ線橋。撤去の方針が決定されました。

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。