鉄道コム

鉄道コらム

鉄道コンテナの種類、どんなものがある?

2021年7月6日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

現在の日本の鉄道における貨物輸送では、コンテナに貨物を載せる方式が一般的です。この鉄道用コンテナは、どのような種類があるのでしょうか。

まず「コンテナ」と言われて思い浮かべるのが「有蓋(ゆうがい)コンテナ」。「汎用コンテナ」とも呼ばれる一般的な箱型のものです。現在主流の「19D」や「20D」という形式のコンテナは、両側面に両開きの扉を有し、ここから中に荷物を出し入れすることができます。長さもさまざまで、現在主流のコンテナ貨車であるコキ100系には、19Dや20Dなどの12フィート(約3700mm)コンテナは5個、20フィート(約6000mm)コンテナは3個、30・31フィート(約9400mm)コンテナは2個積載できます。

全国各地の貨物列車で見られる、12フィートの有蓋コンテナ
全国各地の貨物列車で見られる、12フィートの有蓋コンテナ

有蓋コンテナの仲間には、生鮮品輸送を考慮して換気機能を加えた「通風コンテナ」や、断熱材を加えた「冷蔵コンテナ」、発電機を搭載して温度を一定に保つ「冷凍コンテナ」もあります。

有蓋コンテナと明らかに形が異なるのが「タンクコンテナ」。化成品などの液体物や、LNGガスのような気体を運ぶためのものです。面白いところでは、調味料や水飴など、食料品の運搬に使われたコンテナもあります。かつては長さ12フィートサイズが主流でしたが、近年は国際規格の20フィートサイズも普及しています。

液体物を運ぶタンクコンテナ
液体物を運ぶタンクコンテナ

また、さまざまな形のバリエーションが見られるのが「無蓋コンテナ」。鋼材や機械、土砂などの、有蓋コンテナでは運搬が難しいものに対応しています。また、粒状の貨物に対応するコンテナとしては、「ホッパコンテナ」もあります。

2021年1月の時点で、JR貨物では有蓋コンテナ・通風コンテナなどを約6万2000個保有。さらに、JR貨物の関連会社やその他の物流会社が保有する「私有コンテナ」もあります。この私有コンテナは、基本的にはデザインは自由。ワインレッドに塗装されたJR貨物のコンテナ(一部を除く)に加え、日本オイルターミナルやヤマトホールディングス、ランテックなど、さまざまなデザインのコンテナが、貨物列車を彩っています。

関連鉄道リポート

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

E235系、789系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

駒沢大学駅リニューアル

東急電鉄が、駒沢大学駅のリニューアル工事を開始。地下区間の他4駅も順次リニューアルへ。

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。