鉄道コム

鉄道コらム

あっ、あの曲が! 聞いて楽しい駅のメロディ

2021年6月23日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

画像

駅で電車に乗り込む時に聞こえてくる発車メロディ。普段何気なく聞いているこの音楽には、どのような歴史があったのでしょうか。

一昔前は、電車の発車を知らせる音と言えば、発車ベルが一般的でした。しかしながら、その音が騒音になっているとか、あるいは駆け込み乗車を誘発しているなどの問題がありました。そこでJR東日本はヤマハに依頼し、ピアノやハープを使用した発車メロディを開発、新宿駅などに導入しました。1989年のことです。これが好評を博し、首都圏のJR路線のみならず、全国各地の路線へと駅メロディの導入が広まっていきました。

当初は新宿駅のようにオリジナル音楽が使用されていた発車メロディですが、現在では導入駅やその周辺にちなんだ「ご当地メロディ」と呼ばれるものも数多く導入されています。

たとえば、日本初の鉄道が開業した区間の駅である品川駅には「鉄道唱歌」が、松竹の蒲田撮影所があった蒲田駅では「蒲田行進曲」が使用されています。また、東京ディズニーリゾートの最寄駅である舞浜駅では、ディズニーの「It's a small world」などが、藤子・F・不二雄ミュージアムの最寄駅の登戸駅では「ドラえもんのうた」が使用されるなど、子どもが喜びそうなメロディも数多く導入されています。

各地の駅を彩る発車メロディ。この音楽を聞くために電車で小旅行してみるのも、面白いかもしれません。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

E235系、789系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

駒沢大学駅リニューアル

東急電鉄が、駒沢大学駅のリニューアル工事を開始。地下区間の他4駅も順次リニューアルへ。

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。