TSE2000さんのブログ

すべて外部サイト

ブログ記事一覧(新しく書かれた順) / 41~60件を表示しています

全344件

  • 第五章 病河原 奥羽本線の車窓はどの区間にも魅力が潜んでいる。前回紹介した山の斜面の大きな葡萄畑は、赤湯〜中川間にあった。いつしか私はこれを庭坂〜赤岩間と錯覚していたが、線路の敷かれ方が似ているか...

    TSE2000さんのブログ

  • 第四章 夢 これから米坂線で今泉駅に戻る。米坂線と長井線は、今泉を交差点とするXの字を描いており、一筆書きではどうやっても乗れない。 米坂線乗り場とその奥にある側線には、米坂線で使用される気動車が所...

    TSE2000さんのブログ

  • 第三章 べにばな号 9:35、発車予告もなく、突然列車はがくん、と動き出した。唐突な感じがよい。大学の講義や口頭発表でもそうだが、私は「それでは発表を始めます」とか「よろしくお願いします」という前置き...

    TSE2000さんのブログ

  • 前回までの夕張支線特集はお楽しみいただけたでしょうか。今回からは、昨年一月の東北小旅行の様子をお届けいたします。2018. 1/5~7雪野に紅花一つ第一章 信越本線429M列車新潟行き 夜行バスのカーテンをほん...

    TSE2000さんのブログ

  • 三回に亙った夕張支線特集は、これで最終回になります。最後はやはり夕張駅の記録になります。ただ、鹿ノ谷駅から夕張駅まで歩いているので、その道中の記録も入っています。では、どうぞ。(鹿ノ谷~夕張:徒歩)...

    TSE2000さんのブログ

  • 3月31日。ついに廃止になりましたね、夕張支線。あの日はtwitterを見ながら、この夏の記憶を辿りつつ、懐かしんでおりました。やはり思い出の深い鉄路が消えるのは悲しいものです。昨年三江線が廃線になった時は...

    TSE2000さんのブログ

  • 本日平成31年3月31日は、歴史ある石勝線夕張支線、通称夕張線の最終運行日。かつて石炭産業で高度経済成長を支え、人口十一万を誇った夕張市から、今日鉄路が消えます。今回から数回は、夕張線追悼企画として、20...

    TSE2000さんのブログ

  • 最終章 十国峠 これからバスに乗る。この旅最後の路線は、全国でも最高級に到達し辛いケーブルカーである。9:18、私を含め二、三人を乗せた元箱根行きバスが出発した。熱海駅は海岸から近い高台に建設されてい...

    TSE2000さんのブログ

  • 第二十章 富士の裾野 3/27、最終日の朝はまだ昨夜の雨を残していた。5:32発の下りで沼津駅へ向かう途中、函南~三島間で南側に雲の晴れ間が見られ、三島駅から西側では空は綺麗に晴れていた。境界明瞭というの...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十九章 伊豆急行 伊東線の終点伊東駅でかなりの客が下車し、気分新たに伊豆急行線に入った。伊豆急行線は伊東駅と伊豆急下田駅を結ぶ全長45.7km、全線単線電化の路線だ。 伊東駅を出ると上りになり、伊豆東...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十八章 黒船電車 起点大月駅では、大月線と中央本線との連絡線を通って、JR側のホームに客を下ろした。ここで大勢下車した爲、快適なボックスに座った。客の多くはかいじ号やあずさ号に乗り換えるのだろう。...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十七章 二度と拝めぬ国鉄色 (後編)改札を出た左手には、木のぬくもりと気品に溢れた待合室があった。典型的な水戸岡デザインなのは勿論、富士吉田駅を富士山駅に改称し、駅舎を改装する際の監修が水戸岡氏だっ...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十七章 二度と拝めぬ国鉄色 (前編) 駅に到着した電車は、河口湖観光が目当ての客を一気に吐き出す。そしてその群衆は、小さな有人改札口になだれ込む。一方の私は、改札と一段高いホームをつなぐ構内踏切まで...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十六章 富士登山電車 (後編) 上大月駅を出ると俄かに上り勾配がきつくなり、登山電車の様相を呈してきた。これでは水戸岡氏の特別仕様車でなくとも富士登山電車である。大月駅と上大月駅の標高はともに358mだ...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十六章 富士登山電車 (前編) 八王子駅で中央本線に乗り換える。今日は朝から、とにかく慌ただしく列車を乗り継ぐだけの行程であるが、週末パスを最大限活用した旅程であると自負している。まずは富士急行の起...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十五章 碓氷峠 電車は今来た北国街道沿いを善光寺の長野へと猛烈な勢いで戻っていく。はくたか号はかがやき号と対をなす鈍行型であり、原則として2015年の延伸区間に存在する各駅に停車する。だが中には、糸...

    TSE2000さんのブログ

  • 新元号元年、明けましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。第十四章 二本木駅 関川駅の次の二本木駅は、新潟県内唯一のスイッチバック駅として有名である。ここの駅構造は姨捨駅と似...

    TSE2000さんのブログ

  • 早いもので、もう平成三十年も終わり、新元号元年 を迎えようとしています。私は医学部五回生が本年度で終了し、来年はもう最高学年です。ちょっと前まで若い若いと思っていましたけど、もう学生の中には先輩がい...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十三章 越後富士 黒姫の次が終点の妙高高原駅だ。ここがしなの鉄道とえちごトキめき鉄道の境界駅となっていて、乗り換えが発生する。私は一目散に前方にいたE127系の普通直江津行きに乗り込んだ。車内はまだ...

    TSE2000さんのブログ

  • 第十二章 信濃富士 13:55、松本駅に帰還し、直ぐ様次の電車の乗車位置へと向かった。 これから特急しなの11号で長野へ戻る。昨日のあずさ号と同じで、本来なら普通電車で戻りたかったが、列車の接続上やむを得...

    TSE2000さんのブログ

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

おれんじ食堂、SL人吉、海幸山幸、ゆふいんの森、にちりんシーガイア、さくら…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道王国」富山

路面電車や観光鉄道、地方都市最大級の私鉄が走る富山県。なぜここまで鉄道が広く普及したのでしょうか。

画像

新駅は「大阪駅」に

おおさか東線の「北梅田駅」は、大阪駅として一体化。従来駅との間には連絡通路を整備。

画像

JR九州の「RED EYE」

設備点検用システムを811系に搭載した「RED EYE」。JR九州が4月1日から運用開始。

画像

リゾートみのり引退

陸羽東線を走る「リゾートみのり」が、6月28日をもって引退。最終日にはツアー専用列車「フィナーレ号」も運転。

画像

ひつじでんしゃ

3月29日、東急こどもの国線に「ひつじでんしゃ」が登場。「うしでんしゃ」も継続。

画像

3月の鉄道イベント一覧

いよいよ春到来。3月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

非公開でメッセージを送信