nihonisshyuさんのブログ

すべて外部サイト

ブログ記事一覧(新しく書かれた順) / 1~20件を表示しています

全388件

  • タブレット交換は、停車駅ならば駅長と運転士が手渡しで受け取って対向列車の運転士に手渡せばよいが、通過列車ではどうしていたのだろうか…。決定的瞬間は捕らえていないが、何とかそれに代わる写真を。1枚目: ...

    nihonisshyuさんのブログ

  • 幼少時代を飯田線沿線で過ごした日本一周には、各駅に停車してタブレット交換しながらゴトゴトは知る旧型国電の姿が思い出される。マル、ヨンカク、サンカク、ヨーシと指差確認しながら受渡ししていた姿が、今で...

    nihonisshyuさんのブログ

  • これは鉄道施設でなくて鉄道アクション。単線の閉塞区間で1列車しか入れないようにするためのタブレット(通標)。いわば通行手形、通行許可証に該当するものだ。1枚目: この写真は五十鈴琢磨さまの親父さまからい...

    nihonisshyuさんのブログ

  • DSC_0058m201021.jpg

    駅の風景(400)トラバーサー

    • 21日(水)7時3分

    ターンテーブルの平行版であるトラバーサー。扇形庫でなく矩形庫の車線を転線するための施設だ。1枚目: 長総車セ(長野総合車両センター)工場内にあった屋根付きのトラバ―サー。この日は工場開放で多くのお客さん...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img176.jpg

    駅の風景(399)中継信号機

    • 20日(火)6時48分

    中継信号機とは、自動閉塞区間において地形などによって信号が見にくい箇所などに補助的に置く信号機。多くは灯列式で3つの灯火が点灯して示すのだが、縦一列が進行、斜めが制限、横一列が停止ということ。1枚目:...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img082m.jpg

    駅の風景(398)照明塔

    • 19日(月)6時56分

    ヤードや操車場の照明塔は、夜間でも安全に作業をし易くするために場内を照らす。1枚目: 名古屋機関区のC57と照明塔と旧黄金橋。現在環状道の黄金陸橋は架け替えられて、その上には都市高速の高架が走っている。...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img143 (2)

    駅の風景(396)信号詰所

    • 2020年10月18日(日)

    かつては大きな駅では信号を一手にあずかる信号所なるものがあった。たいてい駅の前後のポイントがいくつもあるあたりにあって、駅を通る列車の出入りをコントロールしていた。1枚目: 東海道本線平塚駅の茅ヶ崎方...

    nihonisshyuさんのブログ

  • 腕木式信号機を駅本屋から遠隔で操作する信号てこ小屋。ここからホーム下を通ってホーム横に出て直角に曲がり、ロッドまたはワイヤーで信号機まで伝える。1枚目: 長野電鉄屋代線の松代駅にあった信号てこ小屋。(2...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img470 (2)

    駅の風景(395)信号塔

    • 2020年10月16日(金)

    信号機を立てる柱のバラエティ…。狭くて土地が確保できない場所などでは、複数の信号機を乗せる柱方式や、架線柱から吊り下げる方式もある。1枚目: 北陸本線富山-富山操車場間の信号機は複数の線をまたぐ門型の...

    nihonisshyuさんのブログ

  • DSC_0113 (2)m201014

    駅の風景(394)色灯式信号機②

    • 2020年10月15日(木)

    色灯式信号機の2回目は2009年から2010年の東京近郊でのカット。1枚目: 東海道線川崎駅に入る今では貴重な東海道色E217系と、下り本線(四灯式)と下り待避線の1番線(三灯式)の出発信号機。右手前は京浜東北線南行き...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img133.jpg

    駅の風景(393)色灯式信号機①

    • 2020年10月14日(水)

    色灯式信号機は在来線では一般的な信号機だ。二灯から六灯まであって、列車頻度や目的によって使い分けされている。なお六灯式には「減速」と「高速進行」の区分があって、成田スカイアクセス線のスカイライナー...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img153 (2)

    駅の風景(392)腕木式信号機②

    • 2020年10月13日(火)

    腕木式信号機の2回目。1枚目: 関西本線柘植駅で「停止」の入場信号で停車する草津線からのC58の牽く旅客列車。(1969年4月20日)2枚目: カラー写真になった加太越え。関西本線加太駅を発車する上りのD51の貨物列車...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img469 (2)

    駅の風景(391)腕木式信号機①

    • 2020年10月12日(月)

    「腕木式信号機」すでに死語に近いものだ。現在の色灯式信号機の前の時代はこの腕木式信号機ばかりだった。現在でも使われている唯一の線は津軽鉄道のみ。1回目は昔の写真から。1枚目: 信越本線北長野駅付近にあ...

    nihonisshyuさんのブログ

  • アッシュピットはその名の通り蒸気機関車の灰を捨てる穴。かつてはこのピットの周りは灰で白っぽくなっていたのだが…。また機関庫の整備場所には機関車の下にもぐって点検整備できるピットもある。1枚目: 天竜浜...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img587 (2)

    駅の風景(389)砂置き場

    • 2020年10月10日(土)

    鉄道の動力車にはレールの滑り止めに砂をまくための砂箱(サンドボックス)がついている。電気機関車は台車に砂箱が、蒸機機関車ではボイラーの上のスチームドームの前か後ろにサンドドームがついている。ここには...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img458 (2)

    駅の風景(388)給水スポート

    • 2020年10月9日(金)

    蒸気機関車に水を供給する設備の3回目は、蒸気機関車の水タンクに直接給水する塔。スポートともいうらしい。1枚目: 信越本線(現しなの鉄道北しなの線)柏原駅(現黒姫駅)(?)にあった給水スポート。ハンドル付きの鉄...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img466 (2)

    駅の風景(386)給水タンク①

    • 2020年10月7日(水)

    蒸気機関車に水を供給する設備。タンク本体は鉄製、コンクリート製などがあり、土台は時代などによつてレンガ造り、コンクリート造り、石造り、鉄製などいろいろある。1枚目: 長野機関区の給炭クレーンの奥に大型...

    nihonisshyuさんのブログ

  • img001 (2)t

    駅の風景(385)給炭台

    • 2020年10月6日(火)

    蒸気機関車に石炭(豆炭)を供給する設備。大型機関区のクレーンやコンベアー付きの大型のものから、石炭を野積みにしただけの簡単なものまであった。1枚目: 蒸気機関車華やかなりしころの長野機関区の風景。大くの...

    nihonisshyuさんのブログ

  • ターンテーブル(転車台)の3回目。1枚目: 津山学びの鉄道館。バックには無数の気動車が見事。(2017年11月30日)2枚目: 常磐線平機関区(現いわき)。多くの機関車が入っている。(1964年10月1日)3枚目: 常磐線平機関区...

    nihonisshyuさんのブログ

  • ターンテーブル(転車台)の2回目。1枚目: おなじみの梅小路機関車館(現京都鉄道博物館)。ここのターンテーブルは上路式の手すり付きだ。(2007年8月31日)2枚目: 羽越本線坂町駅に隣接する米坂線用の機関区のターン...

    nihonisshyuさんのブログ

鉄道コムおすすめ情報

画像

E2系ダイジェスト

高速化と急勾配に対応した汎用車両E2系。その活躍の歴史と今を紹介します。

画像

きんてつオンライン鉄道まつり

「きんてつ鉄道まつり」が、今年はオンラインで開催。10月24日より動画を順次配信。

画像

武蔵野線の205系

武蔵野線用の205系が、ついに引退。その約30年の活躍を振り返ります。

画像

リニア改良型試験車

10月19日に公開された、山梨リニア実験線のL0系改良型。その車内や乗り心地は?

画像

さよなら富士急1202号

富士急行1000系1202号編成が10月28日に引退。24日からは記念グッズの販売も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

非公開でメッセージを送信